求人情報の準備について

東京生活なら求人と住居が同時に探せる!

東京で新生活を始めたい20代の方に、住まいと仕事の同時紹介です。
求職や住居探しのわずらわしさを一挙に解決、東京での新生活をスムーズに始められるようお手伝いいたします。
東京に憧れや夢を持ちながら過ごす20代のあなた。
もし、不安でその一歩を踏み出せないなら、万全のサポートで安心した東京生活のスタートをお約束します。

20代のあなたに東京で生活するおすすめな理由

  • 住居探しと仕事探しをする手間が省けます。
    不安に思う仕事も様々な働き方が選べるので安心!

  • 「敷金」「礼金」「仲介手数料」などが一切かかりません。
    ですから通常の1人暮らしで必要な、30-60万円程度の初期費用を抑えることができます。

  • 家具・家電もついている!
    揃えるのに時間とお金がかかる東京の生活で、家具や家電もしっかり備わっているから安心です。

  • 20代ならシェアハウスでワイワイ暮らすのも良し!一人暮らしで満喫するのもいいですね。




  • Tokyo Diveを運営する株式会社アプリは、厚生労働省から人材派遣事業と有料職業紹介事業の認可を受けている企業で、信頼性や安全性は抜群です。

    東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive


    「東京への上京について気になることがあれば、気楽にTokyyoDiveに相談してください」

    求人情報の準備について

    就職情報は企業求人誌のホームページの中にたくさんありますので職さがしの準備をして、自分の力を信じて応募し挑戦してください。職さがしの準備がきっと役に立ちます。企業ホームページの中にはあなたに合った求人情報や就職先、仕事がたくさん紹介されています。自分の力を試してみる。挑戦してみる。気に入った求人誌があれば登録してチャンスを待つ、そんな求人誌がきっと見つかります。

     

    職さがしのための準備をする

    • 自分の希望を整理する

      仕事内容や勤務地、給与など自分の希望をしっかりと決める。
      複数の仕事情報で迷ってチャンスを逃す心配のないように優先順位も考えて置きましょう。

    • 自分のアピールポイントを探す

      仕事の経験がなくても熱意を伝えることは重要。今までの自分を振り返り、「人と接することが好き」「一つのことをやり遂げる」などアピールポイントを探してみましょう。

    どこに応募しますか?

    • 求人情報を集める

      まずは、勤務地や給与など、気になったところならどこでもいいので仕事情報をざっとピックアップしてみましょう。
      求人広告の内容で不明なことがあれば電話で聞いてみるのもいいでしょう。

    • 応募先を絞り込む

      仕事内容や勤務時間、給与などの項目を、優先順位の高いものからしっかりと確認。
      応募先は最初からひとつにこだわらずに、希望の条件にあうところを数件調べておきましょう。

    • 応募先に連絡する

      面接前でも電話での印象が選考に影響を与えることもあります。
      日ごろから言葉遣いなど、マナーには十分注意をしてください。

    履歴書・職務経歴書の作成

    • 応募書類の作成

      仕事応募に履歴書は必須です。自分自身を伝える大切な応募書類なので、しっかりと考え、ていねいな字で空欄のないように仕上げるのがコツです。
      転職をする場合には、今までの仕事内容をまとめた職務経歴書も用意しておくといいでしょう。

    面接を受ける

    • 志望動機などをまとめる

      志望動機や以前勤めていた場合などは退職理由、自己PRなど、面接でよく聞かれる質問に対して、自分の考えをまとめておきましょう。面接の際に職場での詳しい仕事内容など、確認したいことも整理しておきましょう。

    • 面接を受ける

      職場にふさわしい服装で、遅刻は厳禁です。10分前には会場に到着するように出発。
      面接では自信を持って話し、姿勢や表情にも注意をしてください。

    採用が決まった場合

    • 受諾時の注意点など

      採用が決まったら、職種、給与、勤務地、休日などの条件を確認してから受諾するようにします。まだ勤務中の場合は、退職日を相談したうえで入社日を決めましょう。また、採用決定に対する承諾か辞退かの返事は早急に行うのがマナーです。

    • 入社準備をする

      普段から体調管理には十分気をつけて入社日を迎えましょう。
      転職の場合は、後任者への仕事の引き継ぎは大切なことです。お世話になった職場に迷惑をかけないためにも最後まで感謝の気持ちを忘れないでください。